印鑑について

※サイズ表の円の大きさは実際の大きさとは異なります。サイズ感の違いの目安にしてください。

印鑑のサイズ
印鑑の太さは直径の長さで表記されていて、18mmの印鑑の場合、直径約18mm(1.8cm)の太さの印鑑になります。印を押した時も直径約18mmの円になります。身近なもので1円玉が直径20mmですので、18mmのサイズは1円玉より若干小さい円(押した印の大きさ)になります。
身近な1円玉を例に出しましたが、20mmの円は実際に朱肉をつけて押してみると、とても大きく感じると思います。

印鑑の長さは60mm(6cm)で作られています。
そらのハンコ工房では60mm以外にも、75mmのサイズを製造しています。

*はんこのサイズは全て規格に合った物を製造、販売しています。

実印
実印とは、市区町村の役所で印鑑登録をした『印鑑』のことを実印と呼びます。公的に認められた印鑑で、主に保険や不動産の契約、車の契約やローン契約、遺産相続など重要な契約で使用されます。

※実印を作る場合
男性はフルネームで15mm以上をおすすめしています。
女性はフルネーム、苗字のみで彫刻することも可能ですが、結婚してからもその実印を使用して頂けるように、名前のみでの彫刻も多くなってきています。

*フルネームで彫刻したい場合は15mm以上を選択して下さい。
*苗字のみ、名前のみの彫刻の場合は、たて彫り、よこ彫りどちらでも構いません。お好きな方をお選びください。

男性の場合16.5mm、18mm
女性の場合13.5mm、15mmがおすすめです。
*サイズは太くなるにつれて円の大きさはもちろん、存在感、重厚感が増していきます。

銀行印
銀行印とは、銀行、金融機関に登録した『印鑑』のことを銀行印と呼びます。
銀行印は大事な資産をやりとりする際に必要となる印鑑です。

※銀行印を作る場合
男性は苗字のみ、よこ彫りがおすすめです。
女性は名前のみ、または苗字のみ、よこ彫りがおすすめです。

銀行印は実印のサイズより細くすることが一般的で、男性の場合、実印を16.5mmにしたとき、銀行印は13.5mm、または15mmにするとバランスがいいです。
女性の場合、実印を15mmにした場合、銀行印を12mm、または13.5mmにすると良いです。

*よこ彫りは「お金が縦に流れないように」という意味があります
*実印と銀行印のサイズが同じでも全く問題はありません。お好きなサイズで印鑑を作成してください。

認印
 認印とは、個人を証明するための印鑑ではなく、印鑑を押す書類の内容に『目を通しました』、内容を『認めました』という意思表示をする場合に押す印鑑です。
 ごく一般的に使用される印鑑です。

※認印を作る場合
男性、女性ともに10.5mm、12mm、13.5mmのサイズで、彫刻はたて彫りが一般的です。

彫刻見本
彫刻した文字を実際に押した時の見本です。
苗字のよこではんこを作った場合、押した印は右から左に読みます。
この見本(高田)の場合、矢印のように、右から左←に高田となります。
フルネーム(高田貴宏)の場合は矢印のように、右上から右下、左上から左下の順に苗字、名前がきます。

*フルネームが4文字以外の場合
右に苗字、左に名前がきます。字のバランスはしっかり調整しますのでご安心ください。

書体
印相体(いんそうたい)がおすすめです。
印相体は篆書体(てんしょたい)をベースに作られた書体で、別名、吉相体(きっそうたい)とも呼ばれ、吉へとつながる縁起の良い書体です。
印相体は他の字体と比べて、文字と枠が接する部分が多く、欠けにくいというメリットもあります。また字体が複雑で偽造されにくいという点でも優れています。
印相体で彫刻される方が一般的に多く、9割以上は印相体で彫刻しています。

購入について・・・。下記サイトから購入可能です。

https://soranohanko.base.shop